DROPs

2010 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ぎぜん

2010/02/28(Sun) 21:37
36300027.jpg

コンビニのバイト先に、毎日来る20代くらいの男性がいます。
たぶん、知的障害のある方で、ジュースを1本買うのにも、なかなか手間取ったりしています。
125円のジュースだけれど、40円しか持ってない。でも、レジで買えないことを告げられるまで、買えないことが理解できない。500円持ってたら、その分でどれくらい買えるのかわからない。だから、ジュースを買って、お釣りをもらったら、そのおつりでチョコを買って、まだお釣りが出たら、今度はガムを持ってレジに並ぶ。
そんな感じで、アルバイトの子達は気持ち悪がったり、くすくす笑ったり。
かくいう私は、まあ、お客様だし危害を加えられるわけでもないし、と淡々とレジをしていました。

最近のことです。
わたしのレジに、その彼が並びました。500mlのペットのお茶を一本購入。
そのとき、彼は、お財布の中の小銭をぜんぶレジに開けました。だから、目の前で数えて、なるべくお財布が重くならないように細かいのからいただいて、残りを返したら、お財布に入れるのに手間取っていたから、手伝って入れてあげました。
そしたら、何か言おうとしてるの。でも、舌が口のなかで丸まって「ふおぅ、ぉ、ぉ、ふおぅ」コトバにならないのです。ちゃんと聞いてあげたくて、「はい?ん?」注意深く聞いていたら、「ふ・く・ろ」と言いたいのだろうということが、理解できました。「あ、袋!袋にいれますか?」コクコクっと頷きました。
そして、嬉しそうに帰っていったの。
あたしは、なんだか泣きたいような気持ちになりました。本当に泣きそうだった。
彼は、病気なんだと思った。だから、笑ったりしちゃいけないし、気持ち悪いなんて思っちゃいけないんだって。
だから、それを他のバイトのコにも伝えました。
持ちたくて持った障害じゃないんだから、優しく、ちゃんと他のお客様と同じように接してあげようよって。

彼は、その日を境に(わたしにはそう思えました)、頻繁にお店に来るようになりました。
一日に何度も。
早いときは朝6:00から。何度も何度もきて、お茶を買ったり、お菓子を買ったり、雑誌をかったり。
そのたび、「袋に入れてください」「そのままでいいです」というのを、自分なりに伝えて、注意深く聞くと理解できるから、そのとおりにしてあげて。

ところが、です。

「だんだんエスカレートしてきたよ」とバイトの子に言われて
え?って聞いたら・・

女のお客様に話しかけ始めたり、わたしたちが「ありがとうございます」って言うと、一緒にレジの横で「ありがとうございます」(コトバになっていない)というようになったり、
お客様たちが、気味悪がってるっていうことで。
で、バイトあがりの子がレジでお茶を買ってたら、肩をポンって叩いて走って逃げたりしたらしく
そのバイトの子は気持ち悪がって大騒ぎだった・・・

「ごめんね。」
みんなにあやまりました。
「そうだよー。やっぱり気持ち悪いから、ムリ!!」

今の気持ちを、コトバにすることが出来ません。

ただ、自分が情けない。

ちゃんとその病気を理解もせずに、ただ自分の感情だけで接しました。
それは、やっぱり偽善なんだろうと思う。

切なくて、かなしい気持ちです。

バイトのこたちにもだけど・・

彼にも、「ごめんなさい」と謝りたい気持ち。



スポンサーサイト
日々徒然 コメント:5 トラックバック:0

くもり空の日

2010/02/27(Sat) 22:22
38430024.jpg

くもり空の日のほうが

気持ちのなかの蜘蛛の巣に

いろんなものが ひっかかる


追記:
3/20から、切り絵作家山田さんと作品展をすることになりました。




日程/2010年3月20日(土)~28日 (日)
時間/11:00~19:00
休廊/火・水
会場/HAPPY FARRM GALLERY
住所/静岡県島田市幸町11-9(旧R研究所)

《 HAPPY FARM展2 》
(現代アート)
参加作家 
原木雅史 
高木健一 
スナオ

《 iine × mochi. vol.01 》
切り絵と写真のコラボレーション
山田多恵子(切り絵作家)       
望月暁 (写真家)      

いつものあたりまえにある風景をきりとった、ちいさなちいさな作品を25点ほど展示します。



日々徒然 コメント:2 トラックバック:0

出会い。

2010/02/23(Tue) 22:42
36300028.jpg

去年は以前の仕事をやめてカメラの仕事を始めて3年目でした。

仕事として撮ることにようやく少し慣れはじめ、
そして、そのうち
フィルムカメラを持ち歩くことが、ほとんどなくなってしまった一年でもありました。

「写真を撮ることが好き」ただ、その一点があたしの一番の強みであったはずなのに
仕事として撮ることに追われ、そのことを見失いそうな焦りが
部屋の読まない本の上にうっすら積もるホコリみたいに覆ってきていて
でも、そのホコリをふうふう吹き飛ばすのも後まわしにしてしまっていた気がします。

仕事として撮る写真は、「お客様に喜んでいただく写真」
喜んでいただけるのは本当に本当に嬉しくて、そのことが何より大事。

けれど、
わたしの気持ちを「ふう」と吐き出す写真。
「好きだ」という気持ちが、むくむくとわきあがる高揚感。
それは、やっぱり忘れたくない。

その気持ちから、去年の冬も金谷町「みんくる」で写真展を開かせていただきました。

そこで、出会いがありました。
いえ、本当は昨年からの出会い。
もっと言えば、雑貨屋さんにいろいろポスカを置いてもらう活動をしていた時期に
あたしのポスカを買っていただいた時点で、出会っていたのかも。

山田多恵子さん。
きり絵作家さん。かつデザイナー。かつアートディレクター。
多彩な方です。そして、とても素敵な方です。

たくさんたくさんのメールを通じて
たちまち、大好きになってしまいました。

そして、このブログでアップしているような写真たち。
「あたしの」写真たちを「いい」と言ってくださって。

今年の冬に、山田さんのきり絵を中心とした作品展に誘っていただきました.

それと、「新しいことをしたい!」の気持ちから
きり絵と写真のコラボというお話も。

ワクワクすることばかりです。

なによりも、今回のことで一番、ほんとうによかったと思えたのは
自分のことをすごく見つめなおすことができたこと。

写真に対する気持ち。
どんな気持ちで撮ってきたか。撮っていきたいのか。
それを、山田さんとのお話のなかで、向き合えたのがホントによかった。

いま、バイトまでの往復は歩いてます。なんと片道1時間弱。
ダイエットのためっていうのが大きいのですが(笑
その首にはツアイスイコン。
また、道路に寝転んだり
上見たり下みたり、飛んだりしゃがんだりしています。
・・・たのしいw

そんなこんなの近況です。

山田さんのきり絵、素敵なので是非。
切り絵:日々の事いろいろ( 毎週月曜日更新 )




iine × design market vol.1
12月23日(祝・木)~ 28日(火)
会場:ギャラリー濱村(静岡市)

静岡市の青葉通りにある、ギャラリー濱村で、
今回は、iineの切り絵を中心に、写真家の望月の写真と、
5人のクリエーターと一緒につくった作品を展示販売する予定です。

日々徒然 コメント:2 トラックバック:0

お久しぶりです。

2010/02/22(Mon) 23:42
そして あけましておめでとうございます。

って、遅すぎる・・・笑


更新が、あまりにもトロイので、もうきっと見ていただいてる方はいないだろうなあと
寂しく思いながら・・

それでも、続けていく気はマンマンなので、今年初の更新です。

書きたいことは沢山あります。

沢山ありすぎて、今日は書くのやめます。

すこしずつ、書いていきたい。

とにかく。

とりあえず。

今日の一枚。

36300025.jpg
日々徒然 コメント:4 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

しゃらり

Author:しゃらり
自己紹介
ハンドルネーム:しゃらり おんな 静岡県
写真の仕事をしています。なので ブログ内の画像の無断コピー転用を固く禁じます。



HP http://photo-mochi.com/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2ブログランキング

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フォトバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。